ワンコイン太極拳同好会

雲 yun

--------

JR横浜線大口駅

徒歩3分

神ノ木地区センター4F

毎週木曜

12:00~14:00

--------

事務局

090-4620-8233

細野 ほその

oogutit@gmail.com

アクセスカウンター

太極拳の4文字熟語 拳論について

私見ですが、拳論や4文字熟語は、本来の人間の動きが書かれているのでないか?それを目指して完成させるのではなくて、気が付いたらそのようになっていたというようなことではないか?

例えば、沈肩墜肘「ちんけんついちゅう」という言葉があるが、手を前に力を入れピーンと伸ばして、相手に、もってもらって、引っ張ってみてください。ひくことしかできませんね。こんどは、ひじを緩めてみてください。そうすると肩も緩みます。どうです?楽にひけけますよね。本来そうなっているんですね。堆手の時の捨己従人「しゃきじゅうじん」これも、自分を捨てて、相手についていくとなっています。みんな難しいといいますが、この自分を捨てて、相手についていくというのは、相手の動きを聴いているときに、自分は、いちいち今自分は相手の動きを見ているなど考えていませんよね。ましてや、自分の右足の親指の圧力はなどど考えませんよね。自分がないですよね。意識を集中するということは、自分がなくなっているんですよ。ところが次の瞬間、相手に負けないようにとか、自分が入ったとたん、こわばる力が生まれてしまいます。相手にしっかり、押してもらって、抵抗しないで体の中に吸収するように受けて、押し倒されてみてください。それを何回か繰り返していくと、どこで倒れるのかが、分かるようになります。この時、しっかり相手の動きが見れるようになります。つまりこういったことを追求していくのですが、修業して積み上げていくのではなく、求めるのでもない。こうすると楽なんだとわかって気が付いてく作業なのではないかと思います。