ワンコイン太極拳同好会

雲 yun

--------

JR横浜線大口駅

徒歩3分

神ノ木地区センター4F

毎週木曜

12:00~14:00

--------

事務局

090-4620-8233

細野 ほその

oogutit@gmail.com

アクセスカウンター

太極拳の「する」と「なる」

太極拳での「する」と「なる」

沈肩墜肘で、手を引っ張ってもらって、それを引こうとしたとき、肘が伸び切っているとうまく引くことができないが、肘を少し落として、引くと、肘が落ちて、肩が下がり、なんと沈肩墜肘になる。太極拳の4文字熟語のほとんどの動作は、「する」のではなくて「なる」の動作だ。

勁力は、体の中が膨らみ、皮膚が引っ張られた状態時「なる」。この引っ張りで、套路を打つ。地球の引力で体を緩めると沈み込み、その時、落ちないように頭や背中、骨、他が支える。この時に頂勁が生まれ「なる」のだ。

套路の形に「する」ではなくて、動作が正しければ自然とその形に「なる」のだ