ワンコイン太極拳同好会

雲 yun

--------

JR横浜線大口駅

徒歩3分

神ノ木地区センター4F

毎週木曜

12:00~14:00

--------

事務局

090-4620-8233

細野 ほその

oogutit@gmail.com

アクセスカウンター

勁力について考察する2

さて本題の勁力の説明に入る
初めに頂勁(ちょうけい)について書きたいと思う
まず頂勁には、2種類ある
これはあくまでも私見だが・・・
一つは、ひょろ長い頂勁で、軸があり体を重く使うとき。
もう一つは、軽くて、軸がない。
開合の理解になるのだが、今は混乱するので開合については書かない
まず、百会を天井に打ち付けて、体の肉をすべて、ズリ降ろしぶる下がる感じ。
ちょうど、ハンガーに自分をひっかけぶら下げている状態
緩めるときは、末端から緩める
足の裏、足首、ヒザ、腰・・実際は、足裏らが緩んだ瞬間、同時に全部緩むんだけどね。
よく、中心からゆるむという人がいるが、これやってみると、できない
百会は絶対下に沈まないようにして足裏末端からゆるめることによって、体が、安定しようとして、背中がまっすぐになり、このとき地面から垂直な軸が出来上がる
足裏が、よくわからないという人は、「足首」を緩めてみるといい
次に、頂勁で立つためには、膝や胯にのしかからない様にする
これも文書で書くと難しいが、近所に、鉄棒がある公園があれば、試してほしい
鉄棒で、少し足を上げると、ぶる下がることができる高さを選び、足を地面に軽くつけて、ぶら下がってみる。次に、手を緩めないで、そのままの状態で、鉄棒を上に押し上げて見る。このとき、背中を真っすぐにして、押し上げていないだろうか?
骨と骨とをつなぎ、脚、腰、背中、体全体を使って押し上げている状態。
次に、背中をそのままにして(腹直筋を緩めない)、手だけをゆっくりと下ろしみよう
今まで、鉄棒を押していた、手をはずし下げることによって、足裏の圧力が軽くなり、背中は体が倒れないように自然に軸を探して真っすぐになる。さらに緩むと背中(背骨が百会から抜き出て)が上にせり上がり、手は自然に下に振り下ろされる。このときの状態は、クワが引き下ろされ、膝が上に上がる感じがする。よく先生たちが言うところの、股関節を境目にして、股関節より、上は上に引きあげ、下は下に引き下げる。体全体で手を下ろしたことになる
また、よく言われる。「膝に乗らない」「胯にのしかからない、胯を開く」と言われる立ち方だ
このとき、関節という関節が、伸びている状態で、力んではないが、「体」全体が、上下に引き伸ばされた状態で勁が走っている状態だ。ただ、ぽけーっと立っているわけではない
「体」全体を使って立っている状態だ
股関節から上は、引き伸ばされているのは分かるが、脚はどうなの?と疑問を持つかもしれないが、これについては、わが師、三代ひとみ先生が、翻訳した 「顧 留馨 陳式太極拳」にあるのでそれを引用させてもらう
---------ここから
(4)開胯屈膝の旋転
これは腿部の放長である。
腿は地面の上に立っていて、放長にするのが比較的困難である。だから腿部に対しては、股関節を開き、膝を緩めて曲げることが要求されることになる。
この特定の姿勢円トウ(月+当)においては、螺旋の運動で変換、虚実をし、主に膝頭の旋転によって表現する。このように腿部が外に旋転するとき、外側は放長で内側は収縮することになる
---ここまで
膝を動かさずに股関節を引き下げようとすると、先ず、膝から股関節までが引き伸ばされる。更に、足から膝までが、引き伸ばされる。丁度、竹を割った一部(竹刀をばらした竹)を地面に突き刺し曲げているような状態・・・・わかるかなぁ~~脚全体も引っ張り感がある。それは足うらから足首、足首から膝、膝から股関節の引っ張り感つまり「放長」だ
今回も長くなったのでこのへんで筆をく

★上記の「顧 留馨 著 三代ひとみ 翻訳 陳式太極拳」を参考にしたい方は、下記ページに資料があるので参考にされたし 他にもいろいろ勉強になる!
「日本太極拳友会 陳式普及会」http://chen-style-taiji.jimdo.com
右のメニューの「資料室」に全文があり、PDFでダウンロードもできる